MENU

ヤミ金相談を弁護士にしても意味ないのか?

弁護士にヤミ金相談しても意味ないと感じるのはなぜか?司法書士へと救済を信任する案件でも、法曹(弁護士)に救済を信任する時でも、ヤミ金相談に一生懸命に取り組んでいるか否かが肝要である。

 

ヤミ金(闇金)組織を片付けるのは、法律家(弁護士)事務所にしても威喝や取り立てを喫するリスクが多いので、大抵の司法書士(しほうしょし)またはロイヤー(弁護士)は抱え込みたくないということが胸算用なようです。

 

従って、地域の弁護士事務所へヤミ金(闇金)解放相談をせっかくしたとしても、拒否されることも有り得ます。

 

その上、ヤミ金との法的やり取りへの確かな技術に精通していて実務経験が豊潤な司法書士ないしは法律家(弁護士)オフィスは、闇金(ヤミ金)会社が分かっているからこの司法書士だとまずいと直ちに取り立てを断念する業者がほとんどだそうです。

 

反対に言えば、闇金(ヤミ金)悪徳業者から知られてもいない司法書士や弁護士オフィスであれば、ヤミ金(闇金)組織からしてみればおっかなくないから処置の期間がだらだらと延びる成り行きが多くなる。